【Maya tools and scripts】Mayaで使える便利なツール(スクリプト、プラグイン)まとめ

当ページのリンクには広告が含まれています。
maya tools and scripts まとめ

Autodesk Mayaは、業界標準ツールとしてユーザー数が多いです。

そのため、たくさんの便利なツール(スクリプト、プラグイン)があります。

その便利なツール(スクリプト、プラグイン)をこの記事では紹介します。この記事で紹介したツールは過去に個別の記事で詳しく解説してあるものなので、気になったものは個別の記事へ飛んで詳細を読んでみてください。

私が3DCGアニメーターという立場上、どうしてもアニメーション関するもの(それに関連したリギングのもの)に偏ってしまったことはご了承ください。

スポンサーリンク
目次

Maya総合ツール(スクリプト、プラグイン)

モデリング、アニメーション、リギング等といったジャンルのものをひとつのパッケージにしてあるツールをMaya総合ツールとしてここで扱います。

【有料】Zoo Tools Pro

大抵のツールやプラグインといったものは、モデリング、アニメーション、リギングといったそれぞれの分野に分類することが出来ます。しかし、いろいろな分野のツールがセットになっていて総合的にMayaの使い勝手を良くしてくれるツールがあります。

その筆頭格がZoo tools Proです。

Zoo tools Proは有料のサブスクのツールです。

初回の支払いが40$ + 10$(初月サブスク代)で、以降1ヶ月10$の支払いが発生します。ただし、初回の支払いをしてしまえばダウンロードしたものはずっと使い続けられます(アップデートは適用されないので、アップロードしたくなったら10$支払いましょう)。

良心的なので興味があれば一度試してみましょう。

Zoo tools Proは、様々なツール群とアセットから成り立っています。

とにかく沢山のツール群から構成されているのですべてに目を通すだけでも大変です。

Zoo tools Pro を構成するツールセット
Assetsモデル。リグ付きのキャラクター。アニメーションされたシーン。ライティングされたシーン等。「MAYA SCENES」「MODEL ASSETS」「THUMBNAIL SCENES」。
Lightsライティング用のツールセット。「LIGHT PRESETS」「HDRI SKYDOMES」「AREA LIGHTS」「DIRECTIONAL LIGHTS」「EDIT LIGHTS」「PLACE REFLECTION」「FIX VIEWPORT」。
Hive Auto-RiggerHive」という独自のリギングシステム。
HIVE NAME CONVENTION」「HIVE EXPORT FBX」「HIVE REFERENCE MODEL」「HIVE MIRROR ANIMATION」。
Zoo tools Pro一番のウリのツール
Rigging Controls
&
Joints
jointを作成したり調整したりするツール。
コントロールリグを作るツール。
CONTROL CREATOR」「COLOR OVERRIDES」「JOINT TOOL」「JOINTS ON CURVE」「SPLINE RIG」「CONTROLS ON CURVE」「MOTION PATH RIG」「SKINNING TOOLBOX」「REPLACE JOINT WEIGHTS」「RIGGING MISC」「HAIR RIG」「REPARENT TOGGLE GROUP」。
Shadersシェーダープリセット等。
SHADER PRESETS[.MA/.MB]」「SHADER PRESETS[MULTI]」「SHADER MANAGER」「CONVERT SHADERS」「RANDOMIZE SHADERS」「DISPLACEMENT MANAGER」「CREATE MATTES AOVS」「SHADER SWAP」「MATCH COLOR SPACE」。
RendererArnoldとRedshiftとRendermanをコンバートするツール。
CONVERT RENDERER」「RENDER OBJECT DISPLAY」。
Modelingモデリング用のツールセット。
ZOO MIRROR GEO」「MODELING ALIGN」「RANDOMIZE OBJECTS」「DUPLICATE ALONG CURVE」「TUBE FROM CURVE」「SUBD SMOOTH CONTROL」「OBJECT CLEANER」「SELECT」「THICK EXTRUDE」「REPLACE SHAPES」。
DynamicsNCloth Wrinkle Creator」衣服のシワを作るツール。
Camerasカメラ用のツールセット。
CAMERA MANAGER」「IMAGE PLANE TOOL」「ANIMATE IMAGE PLANE」「FOCUS PULLER」。
Animationアニメーション用のツールセット。
ANIMATION TOOLBOX」「GRAPH EDITOR TOOLBOX」「CHANGE ROTATION ORDER」「TWEEN MACHINE」「BAKE ANIMATION」「NUMERIC RTIMER」「RANDOMIZE KEYFRAMES」「SCALE KEYS CENTER VALUES」「CYCYLE TOOLS」「CREATE TURNTABLE」「ANIMATION PATHS」。
UVsUV用のツールセット。
UV TOOLBOX」「UNFOLD TUBE」「TRANSFER UVS SHADERS」。
AIMayaでChat GPTを使えるようにするツール。「Zoo Chat GPT」。
Utilitiesその他のツールセット。
ZOO RENAMER」「ATTRIBUTE CONNECTIONS」「CHANNEL BOX MANAGER」「MATRIX TOOL」「MANAGE NODES」「NODE EDITOR ALIGN」「AIM ALIGNER」。
リンクを貼るのが大変だったけれど、自分でも後で使いそうなのでがんばって作りました(笑)

Zoo tools Pro全般について知りたい場合はこちらを御覧ください。

JOINT TOOLJOINTS ON CURVE

Zoo tools ProHiveではないマニュアルのリギング用のツールです。

JOINT TOOL」はjointの設定をいじることができるツールです。joint orientを整えるツールです。また、jointを引くためのツール(とても便利です)があります(例として、腕にジョイントを引きたい場合に、輪切りにしたメッシュの中央にLocatorを配置してそこにjointを引くことができます)。

JOINTS ON CURVE」はカーブに沿ってjointを配置するツールです。カーブに配置するjointの数を簡単に変更できるのでとても使い勝手の良いツールです。

JOINT TOOL」と「JOINTS ON CURVE」の使い方については以下の記事を御覧ください。

NCloth Wrinkle Creator

NCloth Wrinkle Creator」は、簡単な設定でキャラクターの動きにともなうシワをつけることが出来ます。

衣服のシワをつくる「NCloth Wrinkle Creator」の使い方については以下の記事を御覧ください。

Mayaアニメーション用ツール(スクリプト、プラグイン)

Mayaでアニメーションを作る上で便利なツール(スクリプト、プラグイン)をこちらで紹介します。

【有料】animBot

Mayaのアニメーション用のツール(スクリプト、プラグイン)といえば、まず真っ先に思い浮かぶのがこのanimBotです。

animBotは、アニメーションに関しての数多くのツール(スクリプト、プラグイン)群にです。よって、アニメーションに関してのツール(スクリプト、プラグイン)に関しては、「これ(animBot)さえあればOK」と言えます(実際は他にも使いたいものはありますが…)。

animBotはサブスクリプションの有料のツールです。

サブスクということでお値段が気になると思うので、表にまとめました。

基本的には1年60$のEcoバージョンで構いません。

スクロールできます
Ecoバージョン
$72 $60/年
Proバージョン
$180 $144/年
価格
機能
一部使えない機能あり
(Temp Controls)

すべての機能が使える
アップデート
整数のメジャーアップデートのみ

小数点以下のアップデートも対応
サポート
最新のMayaへの対応が遅い

最新のMayaへの対応が早い
animBotの費用

ただし、1年144$のProバージョンでないと一部使えない機能があります。

そのProバージョン限定のツールがTemp Controlsです。

Temp Controlsについては、別途記事を書きました。

この機能を使いたいかどうかで、「ecoバージョン」か「proバージョン」かを選んでください。

私からのアドバイスとして、最初はecoバージョンを使って、「animBot」になれることをおすすめします。「animBot」には非常にたくさんのツールがあるために、全体像を把握するだけでも大変だからです。

ある程度「animBot」に慣れた段階で、Temp Controlsを使いたくなったら、Proバージョンへ切り替えるのが良いでしょう。

【無料】Aaron Koressel のMELスクリプト

Aaron Koressel のMELスクリプトは、上で紹介したanimBotの縮小版のようなツール(スクリプト、プラグイン)群です。こちらは、ありがたいことに無料で使えます。

animBotを使う前に、まずはこのAaron Koressel のMELスクリプトで、アニメーションにおけるツールの使い方を学びましょう(「animBot」にも同じ機能が含まれています)。逆の言い方をすると、すでにanimBotを使っている人は、Aaron Koressel のMELスクリプトを使う必要がありません。

Aaron Koressel のMELスクリプト「レイヤードアプローチ」

3DCGアニメーションを作る技法にレイヤードアプローチというものがあります。

このレイヤードアプローチをするために必須な3つのスクリプトがこのAaron Koressel のMELスクリプトに含まれています。

以前、私がレイヤードアプローチの大家Michal Makarewicz(マイカル・マカレヴィッチ)さんによるCG WORLDのアニメーションマスタークラスで教わったことです。

レイヤードアプローチに必要な3つのスクリプト
ackNegateKeysスプラインカーブを反転させる。
ackPushPullスプラインカーブを上下の幅を広げたり狭めたりする。
ackSpreadSqueezeTimingスプラインカーブの左右の幅を広げたり狭めたりする。

これらのスクリプトを使って、マスタースプラインを活用するのがレイヤードアプローチです。

詳しくは以下の記事を御覧ください。

CG WORLDのアニメーションマスタークラスについては以下の記事を御覧ください。

【無料】Studio Library

Studio Library」 は、Mayaで作ったポーズやアニメーションを保存して、呼び出すことが出来るツール(スクリプト、プラグイン)です。

一度作ったポーズやアニメーションを再利用することによって、アニメーション作成の生産性が爆上がりします。また、ゲームモーションの場合は待機モーション(アイドル)のポーズに合わせる(繋げる)ことが多々あるので重宝します。

本来ならばMayaの標準機能として搭載されて欲しいところです。が、一向に標準機能として搭載される気配がありません。この機能二関してはもう完全にStudio Library」 おまかせしてしまったのではないでしょうか。そのくらい素晴らしいツール(スクリプト、プラグイン)です。

【無料】LMSpring

LMSpringは、いわゆる揺れモノのアニメーションをつけるためのツール(スクリプト、プラグイン)です。

MayaのSoftBodyという機能を使って「揺れモノのアニメーション」をつけます。

設定するパラメーターが少なく、簡単に使うことが出来ます。

下で紹介するOverlapperと違って無料で使用することができます。

【無料】LMlocator

LMlocatorは、簡単に言うとLocatorを置くツールです。

「はっ?」と思った方もいらっしゃるかもしれませんが、基本的にそれだけのツールです。

アニメーションをつけているとLocatorを沢山置きたくなる場合があります。そんなときにシェルフにあるアイコンをクリックするだけで任意の場所にLocatorが置けるのは非常に時短になります。

しかも、「シェルフにあるアイコンをダブルクリック」すると、ワールドスペースのLocatorにアニメーションをベイクした状態で持ってくる」ことが出来ます。これがまた非常に時短になります。

そんな非常に地味な時短ツール。それがLMlocatorです。

【有料】reParent(Pro Version)

基本的にはParentに関するツールだがそれだけではない!

reParent(Pro Version)は、基本的には上の動画のように親子関係をあれこれとLocator配置したりベイクしたりを繰り返しながらアニメーションをつけなければならないのを効率的に出来るようにするツールです。

このような親子関係云々は無料の「reParent(Light Version)でもできます。

しかし、20$(2014/4/12現在)の「reParent(Pro Version)では、他にも様々な機能が追加されています。

ちなみに、次に紹介するOverlapperと同じDmitrii Kolpakovさんのツールです。

Aimモード

アニメーションをオフセットさせることができる
剣先のアークをクリーンナップすることができる

IKモード

FKだけのjointにIKを後づけして修正できる
jointだけでなく、RigのコントローラーにもIKを後づけして修正することができる

IKの機能を見ると、reIKツールと言っても良いくらいです。

Spline IKモード

IKだけでなくSpline IKを後づけで修正することができる

20$(2014/4/12現在)の「reParent(Pro Version)では、このように様々な機能が追加されています。有料版にする価値はあります。

おすすめです。

【有料】Overlapper

Mayaで揺れものアニメーションをつけるツールとして最も有名なのが、おそらくこのOverlapperです。

上で紹介したreParent(Pro Version)と同じDmitrii Kolpakovさんのツールです。

Cycleアニメーションででオーバーラップをつけることができる

このOverlapperは、ボタン一つで簡単にオーバラップアクションをつけることができます。

上で紹介したLMSpringとの違いは、主に3つです。

Overlapper
LMSpring
  • 有料。
  • シミュレーションを使わない。
  • サイクル(ループ)アニメーションを作ることが出来る。
  • 無料。
  • ダイナミクス(Soft Body)を使う。
  • サイクル(ループ)アニメーションを作ることが出来ない。

Overlapper20$(2024/4/21現在)です。

Overlapperは、ダイナミクスを使っていないので、動作が安定しています。

また、ダイナミクスを使っていないためにサイクルアニメーションを作ることが出来ます。

Hairのアニメーションもこの通り

オーバーラップアクションをつけることが出来るツールはとても有用なので、このOverlapperLMSpringは要チェックです。

Overlapperは有料ですが、お金を払う価値はあります。

【有料】NCloth Wrinkle Creator(Zoo Tools Pro)

Zoo Tools Proの中のツール

NCloth Wrinkle Creatorは、Mayaの総合ツールセットのZoo tools Proのなかのツールです。

MayaのnClothを使って、衣服にシワをつけるツールです。

上の動画を見て分かる通り、良い感じにシワができます。

衣服の素材のプリセットがいくつも用意されており、そこから、設定を煮詰めて調整していきます。

Mayaリギング用ツール(スクリプト、プラグイン)

Mayaでリギングをする上で便利なツール(スクリプト、プラグイン)をこちらで紹介します。

【無料】LMrigger

LMriggerは、FKのコントローラーを簡単に作ることができるツールです。作ったFKのコントローラーにはちゃんとempty group(null、空グループ)を挟んでオフセットしてあります。また、コントローラー作成時に使ったコンストレインノードは別グループに分けてまとめてくれます。

Mayaには標準でリグのコントローラーを作る機能がありません。

自分でリグのコントローラーを作る場合は多少面倒な手順を踏む必要があります。

Mayaでのコントローラーの作り方については以下の記事を御覧ください。

また、jointorientを揃えるツールとしても優秀です。

以前cometjointorientというツールを紹介したのですが、このツールはmaya6.01の頃に作られて非常に古いMELスクリプトで、ウェブサイトも更新されておらず、使い続けるには不安があります。

しかし、このLMriggerは、機能的にもcometjointorientより優れている完全上位互換です。今までcometjointorientを使っていた人もこの機会にLMriggerに切り替えましょう。

ちなみに、このLMriggerは、アニメーションのツールのところで紹介したLMlocatorLMSpringと同じLuismi Herreraさんのツールです。

【有料】CNTRLS & JOINTS TOOLSET(Zoo Tools Pro)

こちらはZoo tools Proの中のツールです。

リギングをする際のコントローラーやjointに関するツールです(「Hive」という独自のリギングシステム以外のものです)。

さすがに有料のツールだけあって機能が充実しています。

JOINT TOOLJOINTS ON CURVE

CNTRLS & JOINTS TOOLSETの中のJOINT TOOLJOINTS ON CURVEについて書いた記事がこちらです。

JOINT TOOLは、簡単に説明すると、上で紹介したLMriggerの上位互換のツールです。有料ツールなだけあって優秀です。

cometjointorientの上位互換がLMriggerで、さらにその上位互換がJOINT TOOLといった関係です。

cometjointorient」 < 「LMrigger」<「JOINT TOOL

Zoo tools Proが使える人はJOINT TOOLを使いましょう。

JOINTS ON CURVEは、カーブに沿ってjointを引くツールです。jointの数を簡単に増減させられるのでとても使い勝手が良いツールです。

【無料】Inopoa Attribute Connector

恥ずかしながら私が作ったアトリビュートを接続するためのスクリプトが、このInopoa Attribute Connectorです。

主に、スキニング用のjointリグ用のjointを接続するためのものです。

「なんでそんなものが必要なのか?」と思ったかたは以下の記事を御覧ください。

実は、上で紹介したZoo tools ProにもATTRIBUTE CONNECTIONSというアトリビュートを接続するツールがあります。

「これは、まずい。強力なライバル登場か?」と一瞬心配しました。

しかし、ATTRIBUTE CONNECTIONS1対多の接続をするツールで、一方私のInopoa Attribute Connector1対1の接続をするツールなので競合しないことがわかり一安心です(笑)。

まとめ

これからもMayaの便利なツール(スクリプト、プラグイン)を紹介した場合は、この記事に追加してゆきます。

よろしかったら、このページをブックマークして、Mayaの便利なツール(スクリプト、プラグイン)のハブのページとしてご活用いただけると嬉しいです。

スポンサーリンク
maya tools and scripts まとめ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次