【Maya tools and scripts】LMlocator の使い方【MEL】

当ページのリンクには広告が含まれています。
LMlocatorの使い方

LMlocatorというMayaの便利なツール(スクリプト)を紹介します。

特に、アニメーションをつける際に多用するLocatorを配置するツール(スクリプト)です。

LMlocatorを使うと、選択したオブジェクトと同じ位置にLocatorを置くことが出来ます。

基本的にはそれだけのツール(スクリプト)なのですが、選択したオブジェクトのアニメーションもLocatorに持ってくることができます。手作業で行おうとするといくつものプロセスを経ないと出来ないことが、ツール(スクリプト)のアイコンをクリック(またはダブルクリック)するだけで出来てしまいます。

LMRigger」や「LMSpringといったアニメーションやリグ作成時に便利なスクリプトを提供されています。どちらのツール(スクリプト)もとても有用で、しかも、無料で公開されていています。よって、これらのツール(スクリプト)を使わない理由はありません。ありがたく使わせていただきましょう。過去の記事でLMRiggerLMSpringについて書いているのでよろしかったらそちらのほうも御覧ください。

目次

「LMlocator」とは

LMlocatorはMaya用の便利なツール(スクリプト)です。

こちらのサイト(Luismi HerreraさんのGUMROAD)からダウンロードできます。

ありがたいことに無料です。

どんなツール(スクリプト)なのか、一言で説明するとLocatorを配置するツール(スクリプト)です。たったそれだけのツール(スクリプト)です。

「LMlocator」の使用方法

インストール方法

まず最初にLMlocatorをインストール方法を説明します。

こちらのサイト(GUMROAD)からダウンロードしたzipファイルを解凍すると「LMlocator_Drang&Drop_INstall.mel」というファイルがあるので名前の通りにMayaのビューポートにドラッグアンドドロップしてください。すると、シェルフにアイコンが登録されます。

Locatorを配置する方法

LMlocator

上のの画像(動画)を見れば使い方はわかると思います。

オブジェクト(PolygonとNurbs)を選択して、スクリプトを実行(シェルフにあるアイコンをクリック)すると、そのオブジェクトのワールドスペースに位置と回転をあわせた(Match TranslationとMatch Rotationされた)Locatorを置きます。

また、オブジェクトだけでなく、PolygonオブジェクトのVertex(頂点)にもLocatorを配置することが出来ます。Vertexを複数選択した場合はその中心にLocatorを配置します。ちなみにVertexにLocatorを配置した場合は、ワールドスペースの位置だけが考慮されるので回転の値は入りません。

Locatorにアニメーションを持ってくる方法

Locatorにアニメーションを持ってこれる
ダブルクリックするとアニメーションもLocatorへもってこれます

さらにアニメーションされたオブジェクトを選択し、シェルフにあるアイコンをダブルクリックしてLocatorを配置すると、オブジェクトのアニメーションをLocatorにベイクされた状態で持ってくることが出来ます。

Locatorのアニメーションはベイクされます

残念ながらPolygonオブジェクトのVertexにアニメーションをつけた場合に「LMlocator」アイコンをダブルクリックしても、アニメーションは持ってこれません。

ただし、Clusterはオブジェクトと同じ扱いになるので、VertexにClusterをつければClusterのアニメーションを持ってくることが出来ます。

VertexにClusterをつけて、それをアニメーションさせ、そのクラスターを選択して「LMlocator」をダブルクリックすればアニメーションを持ってくることは出来ます。

まとめ

LMlocator
総合評価
( 5 )
メリット
  • 使い方が簡単
  • 無料で使える
デメリット
  • 特になし

使い方が簡単で、しかも無料でつかえるとなれば悪いところはありません。

ただ、機能が地味なスクリプトなので、「なにがなんでもダウンロードしろ」とは言いにくいです。

具体的な使い方が思いつかない人にはおすすめ出来ませんが、いろいろなところにLocatorを置きまくる人には非常におすすめです。結局はこのスクリプトを使うと大幅に手順が短縮されるだけであって、このスクリプトがないと出来ないことはありません。

LMlocatorは、特にアニメーション関連ではLocatorをよく使うので非常に有用です。

Luismi Herrera」さんは、他にもLMRiggerLMSpringといった有用なツールを無料で公開されています。

過去の記事でLMRiggerLMSpringについて書いているので、興味があれば御覧ください。

Mayaで使える便利なツール(スクリプト、プラグイン)をまとめた記事はこちらです。

スポンサーリンク
LMlocatorの使い方

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次