【Maya tools and scripts】LMriggerの使い方【MEL】

当ページのリンクには広告が含まれています。
LMriggerの使い方

LMriggerという便利なMayaのツール(スクリプト)を紹介します。

LMriggerは、主にリギングで使用するツール(スクリプト)です。

LMriggerは、joint orientを整える機能とFKのコントローラーを作成する機能の2つを備えた便利なツール(スクリプト)です。

しかも、joint orientを整える機能は過去の記事で紹介した「cometJointOrient」の完全上位互換です。「cometJointOrient」を使っている人は今すぐこのLMriggerに置き換えましょう。

そして、FKのコントロールリグを作る機能も細かいところまで配慮された気の利いたツール(スクリプト)です。

さらに、無料で使えるということで無料で使えるので、使わない理由がありません。

リギングをする人は要チェックです。

Luismi Herrera」さんは、他にもLMLocatorLMSpringといった有用なツールを無料で公開されています。

過去の記事でLMLocatorLMSpringについて書いているので、興味があれば御覧ください。

スポンサーリンク
目次

「LMrigger」とは

LMrigger

LMriggerは「Luismi Herrera」というアカウントがGUMROADで提供しているMayaのリギング用の無料のツール(スクリプト)です。

上の公式サイトで提供されている画像(動画)を見ると、jointにコントローラーをつけるツール(スクリプト)だということが一目でわかります。

しかし、さらに以下の公式サイトの画像を見ると、それだけではないことがわかります。

LMrigger

インターフェイスを見ると上半分が「cometJointOrient」という、私が過去の記事でとりえあげたツール(スクリプト)と同じような構成になっています。このことからもわかるように「cometJointOrient」と同じくjoint orientを整える機能があります。

しかも、LMriggerは「cometJointOrient」の完全上位互換です。

したがって、いまだに「cometJointOrient」を使っている人は、必ずLMriggerに置き換えてください。

cometJointOrient」はサイトがhttps化されておらず、危険性がないとは言えない状態です。しかも、「cometJointOrient」はMaya6.01時代に書かれた(スクリプトにそう書いてある)相当に古い(Melだからこそ古くても動くというのが利点ではありますが…)ものです。

気になるのはどこが完全上位互換なのかです。

それは、joint orientを整える(X軸を子の方向へ向ける)際に、一番先っぽのjoint(子がないjoint)のjoint orientも揃えてくれることです(「cometJointOrient」は、一番先っポのjointのjoint orientは手動で整える必要がありました)。

というわけで、「cometJointOrient」を使っている人はLMriggerに置き換えてください。

「LMrigger」の使用方法

インストール方法

LMriggerをダウンロードしたzipファイルを解凍すると、「install.mel」というファイルがあります。

その「install.mel」をMayaのビューポートにドラッグアンドドロップすればインストール完了です。

シェルフにアイコンが表示されるので、そのアイコンをクリックするとLMriggerのWindowが立ち上がります。

「LMrigger」のインターフェイス

一部のテキストの表示が崩れてしまっています
「LMrigger」のインターフェイス
「Show Axis」jointの「Local Rotation Axes」を表示する。
「Hide Axis」jointの「Local Rotation Axes」を非表示にする。
Primary Axisデフォルトが「X」(jointのX軸が子の方向を向く)と「+」(「-」にすると反転する)
Secondary Axisデフォルトが「Y」と「+」
World Up Axisデフォルトが「Y」と「+」
Orient To Worldjoint orientをWorldの軸に合わせる。
ORIENT JOINTSjoint orientを整える。
Tweak「X軸」「Y軸」「Z軸」を回転させる単位。「Zero」を押すとすべて値を「0」に戻す。
Manual – RotationTweakの数値に基づいて「+」方向に回転する。
Manual + RotationTweakの数値に基づいて「-」方向に回転する。
Control Shapeコントロールリグの形。デフォルトは「Circle」。他の形状は「Cube」「Square」「Triangle」「Cross」「Arrow」「Four Arrows」がある。
Shape Normalデフォルトは「X」。コントローラーをどの軸に沿って配置するか。
Left Controls Suffix:同じ文字列があれば左側のコントローラー(Leftの色に基づいた)として作成する。
Right Controls Suffix:同じ文字列があれば右側のコントローラー(Rightの色に基づいた)として作成する。
LeftLeft側のコントローラーの色を決める。デフォルトは赤。
MiddleLeftとRightのどちらにも属さないコントローラーの色を決める。デフォルトは黄色。
RightRight側のコントローラーの色を決める。デフォルトは青。
Change Selected Contorols Color選択したコントローラーの色を個別に変える。
?Luismi HerreraのGUMROADへリンク。
CREATE CONTROLSコントロールリグを作成する。
「joint orientを整える機能」と「FKのコントロールリグを作る機能」がある

joint orientを整える機能

上半分がjoint orientを整える機能になっています。

上に書いたように一番先っポのjoint orientも綺麗に揃えてくれます。

cometJointOrient」の完全上位互換なので、これからはLMriggerを使いましょう。

FKのコントロールリグを作成する機能

joint orientを整えるだけでなく、FKのコントロールリグも作ることが出来ます。

ためしにつくってみたリグ

しかも、作ったコントロールリグはちゃんとグループ分けされます。

Constraintノードをまとめたグループコントロールリグをまとめたグループに分けてくれます。

「Constraintノード」をまとめたグループと「コントロールリグ」をまとめたグループに分けてくれる

さらに、コントロールリグをまとめたグループは、コントローラーの「Translate」「Rotate」の値がすべて「0」になり、「Scale」の値がみんな「1」になるように、オフセット用の空グループ(null)を挟んでくれています。

細かいところまで、配慮されたすばらしいツール(スクリプト)です。

まとめ

LMrigger
総合評価
( 5 )
メリット
  • 簡単にjointにFKのコントロールリグをつけることが出来る。
  • 簡単にjoint orientを整えることができる(cometJointOrientの完全上位互換)
  • 無料で使える
デメリット
  • Windowの一部の文字の表示が崩れて上手く表示されない

LMriggerは痒い所に手が届く、細かいところまで配慮された気の利いたMayaのリギング用のツール(スクリプト)です。

Luismi HerreraさんのGUMROADでは、他にも便利なスクリプトがあります。

LMlocatorについては過去の記事を御覧ください。

LMlocatorは、とても有用なツール(スクリプト)です。

リギング用途よりも、アニメーション用途で重宝します。

Luismi Herrera」さんは、他にもLMLocatorLMSpringといった有用なツールを無料で公開されています。

過去の記事でLMLocatorLMSpringについて書いているので、興味があれば御覧ください。

Mayaで使える便利なツール(スクリプト、プラグイン)をまとめた記事はこちらです。

スポンサーリンク
LMriggerの使い方

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次