Davinci Resolve Fusion でコンポジット(Z-depth編)

Fusion

Davinci Resolve FusionでZ-depthを使用してボケを加えてみます。

素材AOVやライトごとのAOVのシーンではわかりづらいので、Motion Vectorの時と同じようにあらたに簡単なシーンを作成しました。

Davinci Resolve Fusionでコンポジット(Motion Vector編)
Davinci Resolve FusionでMayaのArnoldでレンダリングしたopenEXR連番ファイルにVectorMotionBlurをかけてモーションブラーを適用します。今までの素材AOVとライトごとのAOVで使用し...
スポンサーリンク

DefocusとCustomToolを使用する

Add Tool > Blur > DefocusでDeforcusを追加します。これを使ってぼかします。

また、Add Tool > Miscellaneus > CustomToolでCustomToolを追加します。このカスタムツールはZ-depthの白黒画像の近景から遠景の範囲を決めるために使用します。

下の画像のようにノードを配置してください。

CustomToolの設定

まずCustomToolのInspectorで「Name for number 1」と「Name for number 2」の名前を

それぞれ「Near」と「Far」にリネームします。

それからZ-depthのRGB画像を上のビューに表示してNearとFarのZ-depthの値を測ってそれぞれの数値を入れます。

そのつぎにCustonToolのInspectorに以下のエクスプレッションを入れます。

このエクスプレッションは以下のYoutube動画を参考にしました。

Defocusの設定

DefocusのInspectorで上の画像のようにChannelをLuminanceに設定します。

Defocus Sizeのスライダーを動かせば近景の白い部分がボケます。

逆に遠景をぼかしたい場合はCustomToolとDefocusの間に「カラーの反転」を挿入してあげます。

Davinci Resolve Fusionでノードベースのコンポジット
Davinci Resolveは無料で使える動画編集アプリケーションとして大人気です。そのDavinci ResolveのFusion(以前はDavinci Resolveとは別のアプリケーションでしたが統合されました)を使用して...

Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました