Davinci Resolve Fusionでコンポジット(ライトAOV+素材AOV編)

Fusion

Davinci Resolve Fusionで素材ごとのAOVをライトごとに出力したものを実際にコンポジットします。コンポジットで繋ぐノードの数が多くなってしまったので今までのように一画面にすべて入り切らなくなってしまいましたが、考え方は今までの延長なので難しくはありません。

Davinci Resolve Fusionでコンポジット(基礎編)
Davinci Resolve Fusionでコンポジットを行う上での基礎編です。Davinci Resolve Fusionを使用するとノードベースのコンポジットを行うことが出来ます。AfterEffectsを使用する場合はレイ...
Davinci Resolve Fusionでコンポジット(ライトAOV編)
MayaのArnoldでライトごとにAOVを出力した前回の記事の続きです。Davinci ResolveのFusionの操作方法がわからない方は「Davinci Resolve Fusionでコンポジット(基礎編)」を読ん...
スポンサーリンク

コンポジットで割るとは?

また今回もArnold公式よりいつもの文の一部を引用します

ビューティ AOV に必要なのは、そのような AOV を足し合わせることだけです。ビューティ AOV の再構築にアルベド AOV は不要ですが、diffuse_albedo で diffuse を割ることによって、サーフェステクスチャなしのライティングのみを取得したり、またはテクスチャのディテールを損なわずにライティングのノイズのみを除去するために使用できます。

diffuse_albedoをdiffuseで割ってやります。同じように「specular」「coat」「sss」も各々の_albedoで割ります。ちなみにこの画像では「transmission」「volume」「emission」「background」はないので登場しません。

「割る」は英語でDivideなのでMergeツールの中にDivideを探しましたがありませんでした。「掛ける」のMultiplyはあったのですが…。そこでググってみるとなんとあのPhotoshopやAfterEffectsでもおなじみの「Screen(スクリーン)」が割るに相当するものだとわかりました。加算に似ているあのちょっと明るくするヤツです。今まで明るくするヤツの仲間の一つとしてしか認識していなかったのですがようやく「Screen」の正体がわかりました(笑)。

というわけで「diffuse_albedo」と「diffuse」をMergeツールのScreen合成すればよいわけです。

まず1つのライトのビューティーパスをコンポジットする

ライトごとの各々の素材を_albedoで割ったものを加算でMergeしてライトごとのビューティーパスにします。それにAutoGainやCollorCorrector等を繋げてライトの強さや色を変えられるようにします。

上の画像はKeyライトについてのコンポジットです。「Screen」でMergeするときも「Additive(加算)」の時と同様にGainを0.0にしてやります。

ライトごとにまとめたものを加算(Additive)でMergeして出力する

同様にFillライトとBackライトについても同様に繋げて最後にそれらを「Additive(加算)」で繋いでやります。もし、それ以外のライトをGloval AOVとして出力しているならば、それに最後に「Additive(加算)」してこのシーンのビューティーパスが出来上がります。

あとはいつものようにGumutでsRGBに変換してあげれば完成です。

Davinci Resolve Fusionでノードベースのコンポジット
Davinci Resolveは無料で使える動画編集アプリケーションとして大人気です。そのDavinci ResolveのFusion(以前はDavinci Resolveとは別のアプリケーションでしたが統合されました)を使用して...

Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました