Davinci Resolve Fusionでノードベースのコンポジット

fusion アイキャッチ

Davinci Resolveは無料で使える動画編集アプリケーションとして大人気です。

そのDavinci ResolveのFusion(以前はDavinci Resolveとは別のアプリケーションでしたが統合されました)を使用して3DCGアーティスト向けにレンダリング素材をレンダーパス(AOV)に分けてレンダリングしたものをコンポジットする方法を解説しました。

MayaのArnoldでレンダリングした画像を使用していますが、レンダーパス(AOV)にわけてレンダリングされた画像であれば、3DCGアプリケーションの種類は問いません。

Davinci Resolve Fusionでコンポジット(基礎編)

Davinci Resolve Fusionのインターフェイスや使用方法、AfterEffectsとの違いを解説しています。

「diffuse, specular, coat, transmission, sss, volume, emission, backgroud」といった素材にわけてレンダリングされた画像をコンポジットする方法を解説しています。

Fusionを使用するのが初めての人はまずはこちらから読んでください。

Davinci Resolve Fusionでコンポジット(基礎編)
Davinci Resolve Fusionでコンポジットを行う上での基礎編です。Davinci Resolve Fusionを使用するとノードベースのコンポジットを行うことが出来ます。AfterEffectsを使用する場合はレイ...

このコンポジットの素材をMayaのArnoldのAOVでの出力方法はこちらの記事で解説しています。

MayaのArnoldでAOVの出力基礎編
MayaのArnoldでAOVにわけてレンダリングし、Davinci ResolveのFusionでコンポジットする方法

Davinci Resolve Fusionでコンポジット(ライトAOV編)

今回ははライトごとにわけてレンダリングしたものをコンポジットして画像を再構築する方法を解説しています。

ライトごとにわける利点はコンポジット段階でライトの強さや色を調整することができます。

Davinci Resolve Fusionでコンポジット(ライトAOV編)
MayaのArnoldでライトごとにAOVを出力した前回の記事の続きです。Davinci ResolveのFusionの操作方法がわからない方は「Davinci Resolve Fusionでコンポジット(基礎編)」を読ん...

MayaのArnoldでライトごとのAOVで出力する方法はこちらで解説しています。

MayaのArnoldでライトごとのAOV出力
今回はライトごとにAOVを分けてレンダリングをします。その画像をDavinci ResolveのFusionを使ってライティングを調整(強さと色)できるようにします。ライトの位置まで調整するとなると3Dコンポジットでもしないとできないと思...

Davinci Resolve Fusionでコンポジット(ライトAOV+素材AOV編)

前2回の内容をふまえて素材ごとのAOVとライトごとのAOVを両方だしたものをコンポジットする方法を解説しています。AOVの数も増えて複雑になります。

Davinci Resolve Fusionでコンポジット(ライトAOV+素材AOV編)
Davinci Resolve Fusionで素材ごとのAOVをライトごとに出力したものを実際にコンポジットします。コンポジットで繋ぐノードの数が多くなってしまったので今までのように一画面にすべて入り切らなくなってしまいましたが、考え方は...

MayaのArnoldで素材ごととライトごとの両方のAOVを出力する方法はこちらで解説しています。

MayaのArnoldでライトAOV+素材AOVで出力
これまでMayaでArnoldのレンダリングを素材AOVで出力する方法とライトごとのAOVで出力する方法について説明しました。今回はその2つの方法を組み合わせてより自由度の高いAOVを出力します。ただし、AOVが増えるぶんDavi...

Davinci Resolve Fusionでコンポジット(Motion Vector編)

コンポジットでモーションブラーを適用する方法を解説しています。

Davinci Resolve Fusionでコンポジット(Motion Vector編)
Davinci Resolve FusionでMayaのArnoldでレンダリングしたopenEXR連番ファイルにVectorMotionBlurをかけてモーションブラーを適用します。今までの素材AOVとライトごとのAOVで使用し...

また、モーションブラーで使用するMotion VectorをMayaのArnoldで出力する方法とボケなどに使用するZ-depthの出力方法はこちらの記事に書いてあります。

MayaのArnoldでMotion VectorとZ-depthの出力
今回はMotion VectorとZ-depthのAOVをレンダリングして、Davinci Resolve Fusionでモーションブラーとボケを加えてみます。モーションブラーを出力する方法は2種類あるので両方紹介します。...

Davinci Resolve Fusion でコンポジット(Z-depth編)

Z-depthを使用してボケを加える方法を解説しています。

Davinci Resolve Fusion でコンポジット(Z-depth編)
Davinci Resolve FusionでZ-depthを使用してボケを加えてみます。素材AOVやライトごとのAOVのシーンではわかりづらいので、Motion Vectorの時と同じようにあらたに簡単なシーンを作成しました。...

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました