DaVinci Resolve Fusionでコンポジット(ライトAOV編)

当ページのリンクには広告が含まれています。
スポンサーリンク

MayaのArnoldでライトごとにAOVを出力した前回の記事の続きです。

今回の記事ではDaVinci ResolveのFusionでライトごとのAOVに出力したものをコンポジットします。ライトごとに出力されたAOVをコンポジットすることの利点はコンポジット段階で、ライトの強さや色を変更できることです。

また、素材ごとにAOV出力したものをコンポジットする方法を知りたい場合は以下の記事を読んでください。

DaVinci ResolveのFusionについての記事のまとめは以下にありますのでよろしければご覧ください。

目次

DavVinci Resolve FusionにライトごとのAOV(ビューティーパス)を読み込む

DaVinci ResolveにライトごとのAOVを読み込み、Fusionで以下のようにノードを組みます。

加算でMergeするには下の画像を参考にしてください。

merge_add_setting

Fusionで加算をする方法を探すのに私は結構手間取りました。そのへんのお話は以下の記事にありますのでよろしければどうぞ。

ライトごとに強さと色を変更できるようにする

ライトの強さを変更するにはAutoGainを、色を変えるためにCorlorCollectorを使うのでその2つを挿入します。

それぞれの値をいじってみてライトの強さと色が変わることを確認してください。

ライトAOV+素材AOVの両方を使ってコンポジットしたい

基礎編とこのライトAOV編でやったことを同時にやるにはどうしたら良いのでしょうか。DaVinci ResolveのFusionで多くのAOVやノードを使うことになるので見た目は複雑になりますが、基本は同じです。次回はこれに挑戦してみます。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次