Davinci Resolve Fusionでコンポジット(ライトAOV編)

ライトAOVコンポジットFusion

MayaのArnoldでライトごとにAOVを出力した前回の記事の続きです。

MayaのArnoldでライトごとのAOV出力
今回はライトごとにAOVを分けてレンダリングをします。その画像をDavinci ResolveのFusionを使ってライティングを調整(強さと色)できるようにします。ライトの位置まで調整するとなると3Dコンポジットでもしないとできないと思...

Davinci ResolveのFusionの操作方法がわからない方は「Davinci Resolve Fusionでコンポジット(基礎編)」を読んでください。

Davinci Resolve Fusionでコンポジット(基礎編)
Davinci Resolve Fusionでコンポジットを行う上での基礎編です。Davinci Resolve Fusionを使用するとノードベースのコンポジットを行うことが出来ます。AfterEffectsを使用する場合はレイ...
スポンサーリンク

Davinci Resolve FusionにライトごとのAOV(ビューティーパス)を読み込む

Davinci ResolveにライトごとのAOVを読み込み、Fusionで以下のようにノードを組みます。

最初の配置

加算でMergeするには下の画像を参考にしてください。

ライトごとに強さと色を変更できるようにする

ライトの強さを変更するにはAutoGainを、色を変えるためにCorlorCollectorを使うのでその2つを挿入します。

それぞれの値をいじってみてライトの強さと色が変わることを確認してください。

ライトAOVごとにビューティーパスを再構成したい

基礎編とこのライトAOV編でやったことを同時にやるにはどうしたら良いのでしょうか。Davinci ResolveのFusionで多くのAOVやノードを使うことになるので見た目は複雑になりますが、基本は同じです。次回はこれに挑戦してみます。

Davinci Resolve Fusionでノードベースのコンポジット
Davinci Resolveは無料で使える動画編集アプリケーションとして大人気です。そのDavinci ResolveのFusion(以前はDavinci Resolveとは別のアプリケーションでしたが統合されました)を使用して...

Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました